AGAの治療薬は抜け毛を抑える効果の薬と髪の毛を生やす効果の2種類あります。抜け毛を抑える効果の薬で有名なプロペシア。髪の毛を生やす効果で有名なリアップ。同じ効果が期待できる安価なジェネリック薬も存在します。自身の髪の状態に合わせて治療薬を使い分けてください。ここではAGA治療薬を紹介していきます。

AGA治療薬の比較

プロペシアの特徴

プロペシアはAGAを治療するのに効果が期待出来る医薬品です。

AGAの症状は毛乳頭の細胞の中で男性ホルモンが5αリダクターゼⅡ型という酵素の作用で活性男性ホルモンに変化することから始まります。この活性男性ホルモンが男性ホルモン受容体と結び付くことによって抜け毛が起こりAGAになる訳です。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは5αリダクターゼⅡ型の働きを妨げます。そのため活性男性ホルモンが生成されにくくなり、男性ホルモン受容体に結び付く活性男性ホルモンの量を抑えることが可能です。その結果AGAの症状を抑制することが出来ます。活性男性ホルモンはAGAの原因となりますが、男の子の胎児の生殖器の発育に関係する
大切なホルモンです。ですので妊婦や妊娠する可能性がある方はフィナステリドを身体に取り込むことが出来ません。

また、お肌に接触して身体の中に吸収されることも考えられるので触れないように注意する必要があります。プロペシアやジェネリック医薬品は錠剤がコーティングされているので割ったりしない限りは妊婦に触れてしまう心配はありませんが、錠剤を割った欠片についてはフィナステリドが剥き出しになってしまうため注意が必要です。

価格の相場は1か月分で、およそ8000円ぐらいで医療機関で処方してもらう必要があります。

ザガーロの特徴

ザガーロはデュタステリドという物質が主な成分です。

フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型の働きだけを抑制しますが、ザガーロの主成分であるデュタステリドは5αリダクターゼⅠ型と5αリダクターゼⅡ型の両方の働きを抑制する訳です。強くAGAに関与しているのは5αリダクターゼⅡ型ですが、活性男性ホルモンが少しでも生成しにくくなれば、抜け毛を防ぐ効果を高めることが期待することが出来ます。

ザガーロの価格の相場はプロペシアよりも多少高い1ヶ月分で、およそ9000円ぐらいで医療機関での処方が必要です。

リアップの特徴

リアップX5プラスはミノキシジルが主な成分になります。

ミノキシジルには血管を拡張させる働きがあり血液の流れを改善することによって髪の毛が必要とする栄養を送り届けて抜け毛や薄毛を改善する効果を得ることが期待することが可能です。そしてミノキシジルは縮小してしまった状態の毛包を大きく成長させて髪の毛を太い育てる働きがあります。

リアップX5プラスの価格の相場は1ヶ月分で、およそ7000円ぐらいで医療機関で処方してもらわなくても薬剤師や登録販売者がいる薬局やドラッグストアで購入することが可能です。