AGA治療薬として広く使われている有名な薬にプロペシアがあります。このプロペシアのジェネリック薬がフィンペシアです。プロペシアよりも安い価格で手に入るというメリットがあります。効果には個人差がありますが、毎日服用していれば3ヶ月から6カ月ほどで効果を実感出来ると言われています。ここではAGA治療薬のプロペシアについて紹介します。

フィンペシアの効果・副作用


フィンペシアは、多くの男性が悩まされている薄毛を改善するために使用されるAGA治療薬の一つで、インドにある大手製薬会社から発売されています。AGA治療薬として広く使われている有名な薬にプロペシアがあり、このフィンペシアはそのジェネリック医薬品です。そのため、プロペシアよりも安い価格で手に入るというメリットがあります。ただ、現時点ではまだ日本では未承認の薬なので、個人輸入代行業者を利用するなどして、海外から取り寄せなければ入手することは出来ません。

フィンペシアの効果について

フィンペシアの主成分はプロペシアと同じフィナステリドで、含有量も同じに作られています。

フィナステリドには、AGAの主な原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制するという効果があるとされています。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種であるテストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結合して生じるものなのですが、フィナステリドにはその5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるので、AGAの改善に大きな効果を発揮するのです。

フィンペシアの効果が出るまでの期間には当然個人差があるのですが、毎日服用していれば多くの人が3か月から6か月ほどで効果を実感出来ると言われています。

フィンペシアの飲み方について

飲み方としては、一日に一錠を水またはぬるま湯で飲むことです。

朝や夜など飲む時間は決められていませんが、飲み忘れを防止したり、日が変わったからと言ってあまり時間が開かないうちに飲むことを避けるために、毎日同じくらいの時間に飲むような習慣を付ける方が良いでしょう。

フィンペシアの副作用

フィンペシアにはAGAの改善に大きな効果が期待できる一方で、副作用の恐れがあることも知っておかなければなりません。

副作用の症状の代表的なものには、かゆみ・発疹・蕁麻疹といった皮膚に表れるものや、性欲減退・勃起不全・男性不妊症などの生殖器に生じるものがあります。それら以外にも、肝機能障害・抑うつ症状・目まいなど体の色々なところに副作用が出ることもあります。そういった副作用のリスクを低くするためにも、正しい飲み方を徹底することが肝心です。

フィンペシアの禁忌事項について

フィンペシアにはいくつかの禁忌事項がありますが、その中でも飲酒した後に服用してはならないということが特に重要です。

アルコールを分解するだけで肝臓に負担がかかるのに、フィンペシアに含まれる成分を分解しなければならなくなれば、その負担がさらに大きなものになってしまうからです。