ミノキシトップの主成分はミノキシジルです。外用薬としてリーズナブルな費用で購入できます。高血圧の医薬品で開発をされましたが発毛を促進する効果が確認されました。そのため頭皮と髪の毛のことで悩む人のために、育毛剤として使われるようになった経緯を持ちます。ここではAGA治療薬のミノキシトップについて紹介します。

ミノキシトップの効果・副作用


ミノキシトップの主成分はミノキシジルであり、ミノキシジル外用薬としてリーズナブルな費用で購入ができるタイプです。高血圧の医薬品で開発をされ、医療機関で採用をされてきたミノキシジルですが、治療機関医発毛を促進する副作用が確認されました。そのため現在では頭皮と髪の毛のことで悩む人のために、育毛剤として使われるようになった経緯を持ちます。

ミノキシトップの効果について

ロゲインのジェネリック医薬品が、多くの人に愛用されるようになったのがミノキシトップです。前頭部や頭部の育毛や発毛のためには、頭皮の血流の良さが重要であり、血行を促進するために働きかけてくれます。脱毛症にも種類がありますが、AGAで悩む症状を改善させるために効果を発揮するのも特徴です。2種類の有効成分配合量があり、1つは5%でもうひとつは10%になります。臨床試験においても、利用者の9割に結果として増毛効果が出た実績を持つ実力派です。

ミノキシトップの使用方法について

飲み方ではなく使い方になるのは育毛剤だからであり、頭皮に塗布して使用をします。1回の使用量は1mlであり、1日のうちで朝と夜の2回の塗布を継続して行う使い方です。薄毛改善のために使用をする期間は、最低でも6ヵ月は根気よく継続をする必要があり、壮年性脱毛症の症状に効果をもたらします。

頭皮に使用をする間隔として守るべきことは、必ず次回の塗布までには12時間の間をあけて使うということです。シャンプーをして頭皮を清潔にした上で、決められた量を使い、そのままで4時間は頭皮を洗い流すことはしません。また夜の時間に使用をするのであれば、眠る前の2時間から4時間前には塗布をしておくと、就寝時間には液体が乾いているので、眠る際に濡れた感覚がないです。

ミノキシトップの副作用について

禁忌事項として妊娠中や授乳中の女性、未成年が使うことが出来ません。ミノキシジルを使用することでの過敏症がある人や、頭皮に乾癬や日焼けに炎症を起こしている際にも同様に使用不可です。甲状腺疾患や円形脱毛症が発端となっている脱毛症の改善目的や低酸素血症、抜け毛や薄毛の要因がはっきりしない脱毛症のタイプも利用はできません。基本的に壮年性脱毛症に対してアプローチができるため、それ以外の脱毛症だと使い始めることは出来ないです。

考えられる副作用としては、液体の頭皮への塗布により、赤みが生じたりかぶれたり、頭痛やめまいを感じることもあります。頻脈や胸痛に発疹の症状や、部分的に熱感を感じることがあったり、手足にむくみが生じたり、体重が増加する可能性もゼロではありません。