リアップの主成分は、ミノキシジルです。ミノキシジルは、発毛や育毛を促進して脱毛の進行を防いでくれます。血流を促進することによって発毛効果が期待できる脱毛症(壮年性脱毛症)には高い効果が得られます。ここではAGA治療薬のリアップについて紹介します。

リアップの効果・副作用

リアップX5プラスの主成分は、ミノキシジル・ピリドキシン塩酸塩・トコフェロール酢酸エステルなどです。

リアップの効果について

ミノキシジルは、発毛や育毛を促進して脱毛の進行を防いでくれます。ピリドキシン塩酸塩は、過酸化物質や皮脂の過剰な分泌を抑える働きがあります。

トコフェロール酢酸エステルは、皮脂の酸化を防ぎ効果があり頭皮を保護してくれます。他には、かゆみおさえとしてl-メントールが配合されています。l-メントールは清涼感がうまれ効果も期待できます。添加物として、セタノール・1,3-ブチレングリコール・ジブチルヒドロキシトルエンなどが配合されています。第1類医薬品に分類されていますので、高い育毛作用が期待できます。

リアップの利用期間について

利用期間は脱毛改善効果があるとされています。公式ホームページにある「発毛効果データ・ミノキシジル5%製剤の長期投与試験結果・医師の評価」と言うものがあります。

これによれば、4週間後には軽度の改善が見られる様になり24週間後には「軽度・中等度・著明」合わせて9割以上の人に改善が見られたとあります。24週間後から軽度より中等度の方の割合が高くなっていることから、症状の改善のために長期間利用した方が良い事が分かります。

リアップの禁忌事項について

使い方については、禁忌事項があります。リアップX5プラスの配合されている有効成分によりアレルギーを起こした人・女性・未成年者などは利用により健康被害が起きる場合があるので利用することはできません。また、内服は禁止・皮膚疾患がある部位への使用は禁止されています。さらに、他の育毛剤や軟膏・液剤等などの外用剤と一緒にリアップX5プラス利用することはできません。

リアップの副作用について

今まで薬や薬剤によりアレルギーが出た人・高血圧や低血圧の人・心臓や腎臓に障害がある人などはリアップX5を使用する前に医師や薬剤師に相談する必要があります。
副作用と考えられる症状が出る場合があります。たとえば、頭皮の発疹や発赤・頭痛やめまい・胸の痛みや心拍数が速くなるなどが想定されています。

6か月を利用して効果が全く出ない場合・脱毛症状が悪化した場合などの場合も使用を中止してリアップX5の説明書を持って医師か薬剤師に相談した方が良いです。

効果に関しては誰にでも効果がある訳ではありません。使用を中断してしまうと効果が出なくなってしまうので、自己判断で使用を勝手に中止しない方が良いです。

また、リアップ自体に壮年性脱毛症の原因を取り除く働きはないこと、育毛剤ではないことにも注意が必要です。