ザガーロは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られています。ザガーロの主成分はデュタステリドです。ヘアサイクルが正常にして太くしっかりした髪の毛が期待できます。ここではAGA治療薬のプロペシアについて紹介します。

ザガーロの効果・副作用

ザガーロは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られています。

ザガーロの作用について

ザガーロの主成分はデュタステリドです。AGAは男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつき、脱毛を促すジヒドロテストステロンに変化することによって引き起こされます。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があるのですが、デュタステリドはそのどちらにも作用するのが特徴です。5αリダクターゼがテストステロンに結びつくのを防ぐ働きがあります。それにより抜け毛や薄毛の症状を改善することが出来ます。

ザガーロの効果について

ザガーロは内服するタイプのAGA治療薬で、発毛効果を実感するまでには6ヶ月から1年程度の期間が必要とされています。

髪の毛は成長期・休止期・退行期といったヘアサイクルを繰り返しており、髪の毛が成長するためには時間がかかるからです。ザガーロを服用することでヘアサイクルが正常になっても、すぐに効果が現れるわけではありません。そのため継続して服用することが非常に大切です。

また、服用を始めてすぐの頃に、一時的に抜け毛が増えるという現象が起こることもあります。これは初期脱毛と呼ばれるもので、太くしっかりとした髪の毛が生える過程で細く柔らかな毛が抜けていくのです。つまり、ヘアサイクルが正常になりつつある証でもあるので、抜け毛が増えたからといって効果がないわけではありません。

ザガーロの飲み方について

ザガーロの飲み方は24時間ごとに飲むのが最も効果的とされています。毎日同じ時間に服用するのがおすすめです。

時間を決めておくことで、飲み忘れも少なくなります。また、効果が現れ始めたからといって服用を辞めてしまうと、再びヘアサイクルが乱れてしまうことも多くあります。効果が出始めた際にも、服用を続けることがとても重要です。

ザガーロの禁忌事項について

それからザガーロには禁忌事項があり、女性は服用することが出来ないとされています。なぜかというと、妊娠中に服用してしまうとお腹の胎児に悪影響が起こることがあるからです。胎児が男の子の場合には性器が正常に育たなかったり、5αリダクターゼを体内で作ることが出来なくなったりします。ザガーロに含まれるデュタステリドは皮膚からも吸収されてしまうので、女性は触れることも控える必要があります。

そもそもザガーロはAGAの治療薬なので、女性の薄毛や抜け毛にはほとんど効果が無いと言われています。抜け毛の原因は様々ですが、男性と女性ではその原因が異なることが多いからです。